沖縄県平和祈念資料館(原田直美館長)は10日、第26回「児童・生徒の平和メッセージ」の最優秀作品などを発表した。23日の沖縄戦全戦没者追悼式で朗読される「平和の詩」には、金武町立金武小学校6年の仲間里咲(りさ)さん(11)の「平和(ふぃーわ)ぬ世界(しけー)どぅ大切(てーしち)」が選ばれた。海軍兵だった亡き祖父のつぶやきを通して、平和の尊さを訴える内容だ。

浦添工業高校3年・松田夏姫さんの作品「イノル」

 展示会の告知ポスターには、県立浦添工業高校3年の松田夏姫さんの「イノル」に決まった。今回は図画・作文・詩の3部門に131校から計2839点の応募があった。

 優秀作品などは、23日から同資料館やハワイなど計7会場で開かれる巡回展で展示する。