【南大東】台風18、19号の影響で、生鮮食品が品薄になっていた南・北大東島に16日、2週間ぶりに定期船だいとうが入港した。店には食料品を求める客が殺到した=写真。

 南大東島の西港には午前10時すぎにだいとうが入港。南大東村港湾業務課の大城盛敏課長補佐は「入港は2日以来だから荷物は満載。18日に産業祭りがあるだけに、船が待ち遠しかった」と話した。

 Aコープ南大東店には店の内外に客が集まり、商品の入荷を待った。山下典子店長は「通常なら、きれいに並べた上で販売するが、商品を早く手にしたい人もいるので、今回は箱に入れたまま販売します」と話し、入荷間もない商品をスタッフと運び入れた。(東和明通信員)