【東京】沖縄に関する研究者を顕彰する第36回沖縄文化協会賞の受賞者が18日、発表された。比嘉春潮賞(歴史・民俗学)に日本学術振興会特別研究員の小松寛さん(33)=那覇市出身、仲原善忠賞(文学・芸能)に岡山理科大非常勤講師の世良利和さん(57)=岡山市、金城朝永賞(言語学)に琉大非常勤講師の本永清さん(66)=宜野湾市=の3人が選ばれた。授賞式は11月22日に早稲田大学国際会議場で開かれる。

比嘉春潮賞・小松寛さん

仲原善忠賞・世良利和さん

金城朝永賞・本永清さん

比嘉春潮賞・小松寛さん 仲原善忠賞・世良利和さん
金城朝永賞・本永清さん

 小松さんは、沖縄の復帰問題について研究。民族意識と復帰運動、その後の復帰に対する評価について考察し、戦後沖縄の帰属論争などを扱った研究も高く評価された。受賞に「身に余る光栄。復帰後の沖縄と日本の関係について海外の事例も踏まえ研究したい」と抱負を語った。

 世良さんは、高嶺剛監督の作品をきっかけに約20年前から近代沖縄の映画史をテーマにしている。沖縄映画への関心と研究を発展させ、沖縄映画研究の礎を築いたとして評価された。「国内だけでなく沖縄とつながりの深い台湾やハワイ、中南米の資料も探したい。同じ分野の研究者が増えることを期待したい」と受賞を喜んだ。

 旧城辺町出身の本永さんは、琉大在学時から宮古諸島の民俗研究を継続。長年現地調査を重ね、方言、祭祀(さいし)、文学など広範な研究を続けている。「培ってきたものが評価され、うれしい。宮古の言語や歴史に関する情報を記録していきたい」と、意欲を示した。今回は152人の候補者から3回の選考委員会(委員長・波照間永吉県立芸大研究所所長)を経て受賞者が決まった。