少年男子の興南が多彩な攻撃で、千葉に付け入る隙を与えず、4強入りを決めた。コートサイドから指示を送った新垣英之コーチは「どんな相手にも動揺せず、しっかりゲームをつくれていた」と評価した。 黒島宣昭監督は、準々決勝の相手を香川と想定していたが、勝ち上がったのは接戦を制した千葉だった。