「子ども・子育て支援新制度」の来春からの施行に伴い、幼稚園児(5歳児)が学童保育を利用できなくなることで、放課後の保育保障の課題が沖縄タイムスの調べで浮き彫りになった。