とっとり親善大使の谷本優子さんと鳥取県文化観光スポーツ局の新貞二参事監らは17日、沖縄タイムス社を訪れ、鳥取観光の魅力をアピールした。

鳥取観光の魅力をアピールするとっとり観光親善大使の谷本優子さん(中央)ら=17日、沖縄タイムス社

 スカイマークが今年4月から同県米子と那覇を結ぶ直行便を運航しているが、沖縄からの利用客は全体の1割程度にとどまっているという。谷本さんは「鳥取は全国のカニの水揚げの4割を占める日本一の産地。冬の鳥取で温泉を楽しみながら、カニを味わいに来てほしい」と来県を呼び掛けた。