那覇市松尾にホテル建設を計画している藤田観光(東京都、瀬川章社長)は20日、建設予定地で起工式を開いた。ホテル名は「ホテルグレイスリー沖縄」で198室、2016年春の開業を目指している。

「ホテルグレイスリー沖縄」の完成予想図

 ホテル用地と建物は、東京の建設会社・清水建設が所有する。同社は全国に約60軒のホテルやレストランを展開している。県内では1988年から2012年6月まで、那覇市久米で「沖縄ワシントンホテル」を運営。フランチャイズ契約の満了で沖縄での営業を終了していたが、再度、進出する。