来春卒業予定の沖縄県立高校の生徒の就職内定率が、9月末時点で昨年同時期より6・6ポイント高い14・8%だったことが21日、沖縄県教育庁県立学校教育課の調べで分かった。過去10年で最も高く、最も低かった2004年の5・3%に比べ、2倍以上の改善となった。