松島みどり前法相が引責辞任に追い込まれた「うちわ」問題。11月16日投開票の沖縄県知事選に向けた政策論議が高まる県内でも、丸い形をした「うちわ型」の街頭ビラが出回っている。政治活動用のビラは形状や材質に制限はなく、公職選挙法上も適法。県選管によると「うちわ」と「ビラ」の境目は「棒状の取っ手があるかどうか」で、うちわ型ビラは「うまく作っている」という。

選挙で流行する「うちわ型ビラ」

 「はい、どうぞ」。19日、那覇市の久茂地交差点。数万人がひしめき合う那覇大綱挽(ひき)の会場で、カラフルな円形のビラが配られた。候補予定者の写真や似顔絵に加え、PRしたい政策を列挙。持ちやすいように小さな穴が開き「うちわ」代わりにあおぐ人も見掛ける。

 県選管は「有価物であれば、公選法で禁止された物品供与に抵触するが、ビラであれば問題ない」と説明する。

 松島前法相の問題が取り沙汰される中、各陣営はどう考えているのか。

 仲井真弘多さんの陣営は「政策ビラとして配布している」と強調。印刷物にも「政治活動政策ビラ」と明記しており「選管にも現物を確認してもらった。問題ないとの認識だ」と言う。松島前法相のうちわ配布について、陣営幹部は「柄のついたうちわは誰が見ても法に触れると分かる。選挙に慣れてないのでは」と指摘した。

 翁長雄志さんの陣営は、松島前法相の問題が明るみに出てから「うちわと認定されるのでは」との懸念の声も上がったが、配布前に法律の専門家に相談。「うちわのように骨組みがなく、持ち手の柄が付いてなければ大丈夫」と確認が取れたため使用した。陣営幹部の一人は「数年前から流行しているし、他陣営もやっているから」と話す。

 下地幹郎さんの陣営は「政策ビラであり、うちわではない。配布時に『うちわ代わりにも使える』と言っている」と説明。「ビラは丸いだけで柄もない。穴を開けたのは、有権者が持ち運びしやすいように工夫した」とした。担当者によると、丸いビラは自民党系の選挙プランナーが2005年ごろに発案し、全国に広がったという。

 喜納昌吉さん陣営は作っていない。