読谷村のおきなわ養蜂は24日から始まる第38回県産業まつりで、さし草(シロバナセンダンソウ)の蜜で作った沖縄県産100%の蜂蜜100本を限定販売する。

県産さし草蜂蜜をアピールする(右から)おきなわ養蜂の上間斉代表取締役、新垣慶太専務、冝保増貴氏=沖縄タイムス社

 上間斉社長によると、産地の読谷村でも蜜源が少なくなっており希少商品。色が濃く、ビタミン、ミネラルが豊富で香りも豊か。1本当たり150ミリリットルで通常価格より200円引きの税込み千円。2008年の全国菓子大博覧会で金賞を取ったプロポリス入り県産蜂蜜入りのど飴「純蜂花」も値引き販売する。