埋め立て承認に対する意見も割れている。仲井真弘多氏は公有水面埋立法の基準に適合したので承認したと繰り返し、知事の裁量は極めて小さかったと捉える。一方の翁長雄志氏は知事選を「承認についての県民の審判」と訴え、当選後は徹底的に検証する構えだ。