-飲酒運転常習犯の背景として、アルコール依存症との関連性も指摘される。 「県警と琉球病院が2008年に実施した調査では、運転免許の取消処分となった男性で飲酒運転の摘発歴がある人の約半数、48・1%に依存症の疑いがあった。