プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が23日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。1位指名では複数球団の競合が確実な早大のエース有原航平投手、最速157キロを誇る昨春の選抜大会準優勝右腕の安楽智大投手(愛媛・済美)、昨夏の甲子園大会優勝投手の高橋光成投手(群馬・前橋育英)、高校通算73本塁打の岡本和真内野手(奈良・智弁学園)らの指名が予想される。

 有原は阪神、広島、DeNA、日本ハム、ロッテなどが指名するとみられ、ヤクルトは安楽との、楽天は岡本との両にらみ。巨人は有原、岡本ら4選手で直前まで検討する。ソフトバンクは安楽、オリックスは東京六大学リーグ通算20勝左腕の山崎福也投手(明大)が濃厚。西武は高橋を指名する方針。中日は速球に力がある山崎康晃投手(亜大)が有力。京大初のプロ選手を目指す田中英祐投手が指名されるかも注目だ。

 沖縄県関係では興南高で甲子園春夏連覇の左腕、島袋洋奨(中大)のほか、三菱日立パワーシステムズ横浜の左腕、福地元春(東江中-福岡・自由ケ丘高-九州共立大出)、美里工高の本格派右腕、伊波友和、打力が魅力の真和志高、ネブレト・ジョデェシィ・瑠華が指名を待つ。

 高校生と大学生、社会人を一括で指名し、1位は入札抽選制で行う。競合すればくじ引きを行い、全球団が確定するまで繰り返す。2位以降はウエーバー制で実施。2位はレギュラーシーズンの下位から指名し、ことしの優先権を持つセ・リーグ6位のヤクルト、パ・リーグ6位の楽天の順に指名。3位は逆の順番となり、その後は折り返しで続ける。