【伊良部島=宮古島】伊良部島へ観光で訪れるリピーターらでつくる「TEAMしまてらす」のメンバー約20人が18日、伊良部島や下地島、佐和田の浜周辺の海岸清掃を行った。台風接近後だったため、多くの漂着ごみなどを回収。ボランティア活動に汗を流した。

漂着ごみなどを回収するTEAMしまてらすのメンバー=宮古島市・佐和田の浜(同チーム提供)

 「TEAMしまてらす」のメンバーは東京や名古屋、大阪、福岡など居住地はさまざま。地元住民らも参加している。清掃ボランティアは今回で2回目。前回の3月と同様、ホテル「てぃだの郷」(がじゅまる観光)が協力した。

 がじゅまる観光の猪子立子社長によると、ボランティア活動は、千年以上続いている豊年祭(ユークイ)の祭祀(さいし)をはじめとする島の文化の重要性に気付き、その背景にある自然を保護しようと考えたことがきっかけという。

 チームの代表で東京都の会社員、赤城健一さん(46)は「素晴らしい自然のある宮古で2回目の清掃活動ができたこと、今回も私たちの活動に現地の方々の協力をいただき、感謝している。この活動を継続して自然景観の保全に少しでも寄与したい」と述べた。