農漁村と都市部の交流、共生に取り組む個人や団体を表彰する「第12回オーライ!ニッポン大賞」(主催・オーライ!ニッポン会議、農林水産省)でこのほど、NPO法人東村観光推進協議会(吉本淳理事長)がグランプリに選ばれた。ライフスタイル賞にはNPO法人おおぎみまるごとツーリズム協会の宮城健隆理事長が選ばれた。表彰式は11月4日、帝国ホテル東京で開かれる。

 東村観光推進協議会は県内外からの教育旅行を受け入れ、漁船で地元漁師と漁に出たり、パイナップルの収穫作業をしたりするプログラムなどが評価された。

 吉本理事長は「村を含め、いろいろな人々の協力があった。受賞をステップにまた前進していきたい」と喜びを語った。

 おおぎみまるごとツーリズム協会は焼き物体験や平和学習などの生活、文化、自然体験プログラムを展開している。

 全国各地で都市部と農山漁村の交流を盛んにする活動に取り組むNPOや個人などから137件の応募があった。