島袋投手のソフトバンク5位指名に沸く中央大多摩キャンパスのホールで、副主将の慶田城開さん(22)=興南高出=は一人うつぶせになって涙を流した。

 小学校から大学まで島袋投手と同じチームで野球を続け、興南高では春夏連覇をともに支えた。「あいつをいつか最高峰の舞台に立たせてやりたいと思っていた」。自ら副主将となり、主将の島袋投手がスランプの時には心の支えとなった。

 二人の夢が現実となった。「これからもつらいこともあると思うが、何事も根気よく魂を持ってやってほしい」。今後も人一倍優しく、そして厳しく島袋投手を見守っていくつもりだ。