島袋とともに興南高時代に春夏連覇を達成したメンバーや我喜屋優監督もプロ指名を喜んだ。

 高校3年間を指導した我喜屋監督は「本人の強い気持ちがあった。かなって良かった」。不調の中でプロ志望を決断したことに「らしさ」があると言い、「常に新しい自分をつくり出す姿勢がある」と話し、「質の高いプレーはもちろん、青少年の模範となるよう人間性も大事にしてほしい」とエールを送った。

 バッテリーを組んでいた山川大輔さん(22)=沖縄電力=は「洋奨とはステージは違うが、同じ野球人としてほんとにうれしい」。島袋が大学で結果が出せなかった時期には、高校時代とのフォームの違いなど、アドバイスもしていたという。「洋奨は常に前向き。自分も精進してプロの舞台を目指したい」と話した。

 主将を務めていた我如古盛次さん(22)=立教大=は「最高。興南メンバーみんなが喜んでいる」と興奮した様子。同じ都内の大学で、今でも親しい。「ソフトバンクを背負って立つぐらいたくましくなってほしい。後ろにはみんながいる」とこれからも友人として支える。