米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設に反対する市民団体のメンバーらは24日午前もキャンプ・シュワブのゲート前で石綿(アスベスト)を含む建物解体工事についての説明を沖縄防衛局に求めた。市民ら50人あまりがゲート前に集まった。防衛局職員は、法令によって対応しているなどと説明。午後1時から同ゲート前で再び説明を求める。

キャンプ・シュワブのゲート前で抗議する市民ら=24日午前