サッカーJ3で8位のFC琉球は、25日午後1時から、沖縄市陸上競技場で5位のグルージャ盛岡と対戦する。

琉球攻撃陣の鍵を握るMF青木翔大(右から2人目)=南風原町黄金森公園陸上競技場

 前節アウェーのYSCC横浜戦は、スコアレスドロー。約2カ月間勝ち星から遠ざかる要因は、最近5試合で1得点と決定力不足の攻撃陣にある。

 現在チームトップの6ゴールを挙げるMF青木翔大は「見ている方がつまんない試合をしてしまった」と、ふがいなさを反省。「シュート数が少なすぎる。もっと積極的にいかないといけない」と力を込める。

 今季、盛岡戦は2戦2敗。

 青木にとっては、3月30日の初対決で退場処分を受け、チームも敗れた苦い記憶が残る相手。「内容ではなく、結果にこだわりたい。とにかく泥臭く、点を取りにいく姿勢をみせたい」とリベンジを誓う。