過去最大規模となる533の個人・団体が出展し、24日、那覇市の奥武山公園と県立武道館で開幕した第38回産業まつり。会場では県外のバイヤーの助言を受け、県外向けのパッケージや商品名、容量などを改良し、生まれ変わった特産品が並んだ。