「ワクワク・ドキドキ」の試合だった。第4Qまでもつれた激しい攻防戦。キングスは最後まで集中力を切らさず、6連勝中の京都をアウェーで撃破した。 伊佐勉ヘッドコーチは「まとまりのある京都に対し、守備が機能し、いいゲームができたことは今後につながる」と確かな手応えを得た様子だった。