今大会から背番号1を背負う金城乃亜が、エースの自覚を随所に見せ付けて7回を完投した。 「九州大会に出る喜びを感じながら投げたい」と試合前に話していた金城。初回から緩急を織り交ぜた投球で要所を締めた。最速135キロのストレートと90キロ台後半の落差のある変化球で打者を翻弄(ほんろう)。