中部商は26日の第2試合で鹿児島城西(鹿児島2位)との初戦を迎える。

 宮城隼人監督は「エースの前田敬太、伊波和輝両投手を中心とした戦いになる」と予想。各選手が守備と打席でそれぞれの仕事を果たせば「(優勝した)県大会通りになると思う」と全員野球で臨む。

 主将の根保飛翼は「『やってやろう』という気持ち。チームの士気も高い。皆が勝つという意識を持っている」と話す。「初戦で緊張して硬くなることもあると思うが、自分たちのグラウンドだと思ってプレーしたい」と気負いはない。