この日、先発マウンドを任されたのはエース右腕の前田敬太。五回までは走者を背負いながらも何とか抑えていたが、六回に下位打線につかまった。4連続安打と死球、野選で3点を失い2-3と逆転を許した。1死二、三塁で無念の降板。被安打11、3四死球のぴりっとしない内容に「緊張してしまった。