【西原】7年まーる(7年に1度)の「我謝十五夜村あしび」(主催・我謝自治会、同実行委)が26日、我謝児童公園であり、地域住民が約3時間半にわたり、舞踊や獅子舞、組踊を観客500人余に披露した。組踊はあだ討ち物の「久志の若按司」で、2008年に57年ぶりに復活させて以来今回で2回目の上演。