6-6の延長十回。先発したエースの金城乃亜が、先頭打者に1球を投げたところで、上原忠監督は2番手の安谷屋正貴にスイッチした。県大会まではエースナンバーを背負っていた左腕は期待に応え、明豊打線を2回無失点に抑え、勝利を呼び込んだ。 安谷屋は県大会準決勝以来の登板。