中部商はわずか4安打と九州学院の好投手、伊勢大夢を攻めあぐね、0-6の完封負けを喫した。 力のある相手投手に押されなかなか持ち味のつなぐ野球をさせてもらえない。根保飛翼主将は「打撃と守備の両方で相手の力が上だった」と肩を落とした。 二~五回まで毎回1点ずつ失点。