住み慣れた地域で医療や介護、生活支援などを受けられる体制をめざす政府の「地域包括ケアシステム」など、国民の5人に1人が75歳以上になる2025年に向け、在宅医療を重視する流れが出てきている。