エボラ出血熱の流行が西アフリカを中心に拡大する中、沖縄県は29日、危機管理連絡会議を県庁で開いた。保健所への防護具配備や医療機関との連携など、県のこれまでの対策などを部局長が確認。