名護市辺野古の新基地建設に向けた海底ボーリング調査で、水深の深い海域9カ所の掘削調査が11月16日投開票の知事選以降にずれ込むことが、29日までに分かった。防衛省は、海上に設置したフロート(浮具)が台風の影響で海岸に打ち上げられたことなどを理由に挙げている。