【東京】県産品のアンテナショップ「銀座わしたショップ」に29日、沖縄の伝統工芸品の専門店「Fuzo(宝蔵)」がオープンした。

銀座わしたショップにオープンした「Fuzo」の店内。沖縄の工芸品の数々を集めた=29日、東京・銀座の同ショップ

 染織物、陶器、琉球ガラスなど伝統の技を生かした手作りの品530点以上を展示、販売する。職人による製作実演、ものづくり体験もできる。見て、触れて、体験して沖縄の工芸品の良さを発信し、販路開拓につなげる。

 沖縄は国指定の伝統工芸が染織物を中心に14種あり、京都、新潟に次いで3番目に多い。県指定を含めると26種にのぼる。

 これまで土産品などを販売していた地下1階を改装。銀座わしたを展開する県物産公社が一括交付金事業で約5800万円をかけて整備した。

 オープニングに招かれた東京沖縄県人会の渡久山長輝会長は「本物志向の品々ばかりで沖縄の工芸の良さをPRできる。家庭用、贈り物を買うときにも利用したい」と話した。