沖縄日立ネットワークシステムズの大友敏行代表取締役は30日、創立15周年を記念し沖縄県と県社会福祉協議会に計30台の車いすを贈呈した。

沖縄県と県社会福祉協議会に車いすを贈った沖縄日立ネットワークシステムズの大友敏行代表取締役(右)

 県庁で、川上好久副知事らに車いすと目録を手渡した大友氏は「形として貢献したいと思った。地域の皆さまに活用してほしい」と語った。10周年でも車いすを贈っており、川上副知事は「社会福祉への深い思いを感じる」と感謝した。