沖縄でも、霜注意報や低温注意報が出るかも-。沖縄気象台が二つの注意報の基準を新たに決め、10月から運用している。「可能性は低いが、必要な時に出せるようにしたい」という。

 霜と低温の注意報は、農作物に著しい被害が予想される場合に発表される。気象台が作った基準は、予想最低気温が沖縄本島地方と先島諸島で5度以下の場合、過去に霜が確認されていない大東島地方では3度以下の場合。

 県内では1963年1~3月の寒波の時、久米島で最低気温2・9度を記録したことがある。霜やひょう、あられが確認され、中城公園では象のハナコが死んだ。

 県外ではことし2月の大雪の際、関東甲信地方の一部で初めて雪が積もった。これを受けて気象庁が想定外の天気に備えるため、各気象台に基準見直しを指示していた。