任期満了に伴う第12回沖縄県知事選挙が30日告示され、元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、元参院議員の喜納昌吉氏(66)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)の新人3氏、現職の仲井真弘多氏(75)=自民推薦=がいずれも無所属で立候補を届け出た。米軍普天間飛行場の返還問題や振興政策を主な争点に、11月16日の投開票までの県内最大の政治決戦が幕を開けた。31日から県内各市町村で期日前投票が始まる。

 普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非をめぐり、従来の保守・革新の対立構図から一転、保守分裂の激戦となる。経済界も対応が分かれている。県内の政財界が大きく変動する中、辺野古移設への県民の審判が下され、結果次第で新基地建設工事の進捗(しんちょく)に大きく影響を与えるのは必至だ。

 辺野古移設に対する政策で、下地氏が県民投票実施、喜納氏が埋め立て承認の取り消し、翁長氏が反対、仲井真氏が容認-を掲げている。

 4氏は届け出後の出発式で、第一声を上げ、支持を訴えた。

■県民投票で国に示す 下地幹郎氏

 辺野古の問題は、県民投票でなければ解決しない。私は主張ではなく解決をしたい政治家だ。安倍晋三首相に突き付ける県民の旗を、つくらせてほしい。

 この半年間、沖縄中を回ったが、出くわした現状は閉塞(へいそく)感だった。202万円の低い所得、児童虐待、学力で続く最下位。復帰後最高の閉塞感ではないか。政治をダイナミックに変えないといけない。

 私は教育費を無料化し、鉄軌道をつくり、USJを誘致する。沖縄で50歳代の知事は初めて。53歳の新しい政治指導者を、皆さんの力で誕生させてほしい。

 下地幹郎(しもじ・みきお) 1961年8月生まれ。宮古島市出身。中央学院大商学部卒。96年、自民公認で衆院初当選。以降、衆院当選4回。2009~10年に国民新党政調会長兼国対委員長、幹事長。12年郵政民営化・防災担当相。政党そうぞう前代表。

■埋め立て承認は撤回 喜納昌吉氏

 私は断言する。辺野古の埋め立て承認を取り消し、いかなる方法を使ってでも撤回する。もし知事になってできなければ私は辞任する。知事が唯一執行できる権利が取り消しだ。あらゆる知識層、学者を集め国に異議申し立てをする。

 琉球で伝わる空手や舞踊を通して沖縄の心をたくましく復活させ、ここに沖縄ありということを世界に示そう。沖縄で地球とともに生きる新しいライフスタイルをつくりたい。そのために離島にベーシックインカム(最低限所得保障制度)を取り入れる。私が知事になれば世界が楽しくなる。

 喜納昌吉(きな・しょうきち) 1948年6月生まれ。北中城村出身。73年国際大(現沖国大)除籍。76年「喜納昌吉&チャンプルーズ」結成。代表曲に「ハイサイおじさん」など。2004年参院選で初当選し1期。04~11年、13~14年まで民主党県連代表。

■新基地建設許さない 翁長雄志氏

 けさ、糸満市摩文仁の魂魄の塔に手を合わせた。政治は平和が原点だと心から思った。国土の0・6%の面積の沖縄に米軍基地を押し付ける理不尽さは絶対に許せない。「建白書」にある通り普天間飛行場は国外・県外に移設、県内移設反対。辺野古新基地はありとあらゆる手段を尽くして造らせない。オスプレイ配備を撤回させる。知事選でしっかりと県民の意思を示そう。沖縄の子や孫が故郷に誇りと自信と志を持ってアジアや世界に雄飛していけるような将来を実現できるよう、必ず当選したい。力を貸してください。

 翁長雄志(おなが・たけし) 1950年10月生まれ。那覇市出身。75年法政大学法学部卒。85年の那覇市議選で初当選(2期)。92年に県議選で初当選(2期)。2000年の那覇市長選で初当選、4期14年務めた。県市長会長、全国市長会副会長などを歴任した。

■普天間解決が最優先 仲井真弘多氏

 子や孫のため沖縄の発展に私の残るエネルギーを全部ささげる。普天間問題解決が最優先だ。辺野古埋め立てを承認したが、代替施設は面積が普天間の4割、民家の上空を通らない飛行ルートで安全使用できる。苦渋の選択だが安倍晋三首相から普天間の5年以内運用停止状態の確約を得た。

 沖縄21世紀ビジョンで大躍進する。子を育てる若い夫婦、お年寄り、障がいのある人の命、くらし、健康を守る。観光、自立経済も重要だ。那覇空港第2滑走路の後に鉄軌道が立ち上がるよう首相にお願いした。USJも誘致する。

 仲井真弘多(なかいま・ひろかず) 1939年8月生まれ。那覇市出身。東京大工学部卒。61年通商産業省(現経済産業省)入省。大田昌秀県政で副知事。沖縄電力会長、県商工会議所連合会長などを歴任。2006年に知事選初当選し10年から2期目。