糸満は負けはしたが、走者を犠打や盗塁で進め、得点につなげる機動力野球を存分に見せつけた。 らしさは初回から表れた。先頭の池間誉人が出塁すると、2番岡田樹が犠打で送る。直後、池間は相手投手の隙を突いて三塁を陥れ、3番大城龍生がスクイズを決めてわずか8球で鮮やかに1点を先制した。