名護市辺野古の新基地建設で、大浦湾側のキャンプ・シュワブ沿岸に敷設する工事用仮設桟橋の使途について、防衛省は30日、「陸から海への石材などの搬入」と説明した。沖縄防衛局が沖縄県に提出した公有水面埋め立て申請に同桟橋に関する詳しい記載はなく、自然保護団体は「もっと明らかにすべきだ」と訴えている。