つかみかけていた勝利がこぼれ落ちた。糸満は八回裏に3-3の同点に追い付かれ迎えた九回裏。2番手の安谷屋正貴が先頭打者を出したところで先発の金城乃亜を再びマウンドに戻した。 「再登板があることは頭にあった」。