気象庁によると31日午後3時ごろ、フィリピンの東の近海で、熱帯低気圧が台風20号に変わった。時速15キロで西に進んでいる。

台風20号の進路予想図(気象庁のホームページから)

中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで中心から半径170キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 今後、勢力を強めながら西から東寄りに進路を変えて進む見込みで、11月5日には、日本の南の海上に達する恐れがある。 (沖縄タイムス+プラス)