【南城】ユインチホテル南城向かいに建設予定の南城市役所新庁舎について、市は27日、市民の意見を反映させようと「市民ネットワーク会議」の初会合を玉城庁舎で開いた。市外から引っ越しした際の各種手続きが1カ所で対応できるワンストップ窓口や、多目的ホール設置を検討していると説明。市民の意見も盛り込んだ上で、年度内には窓口の配置や建物の階数・構造などを決める考えだ。

南城市の新庁舎建設にあたり、市民の意見を参考にしようと開かれた市民ネットワーク会議の初会合=10月27日、市役所玉城庁舎

 新庁舎は2018年1月に利用開始の予定。市民目線で使い勝手の良さを考えてもらおうと会議は開かれた。

 同会議は19人からなり、区長会や文化協会、女性会、市社会福祉協議会など市内9団体の代表が、市の説明を聞いた。

 旧4町村は新市発足にあたり、新庁舎を地理的中心地域に建設すると、合併協定で定めた経緯を報告。市民は「市役所前にバス路線を通しては」「手続きに時間がかかる場合、食事できる場所があると助かる」と意見。市側は「バス路線の再編も含めて検討したい」などと回答した。

 市は、予定地の地下にあるとみられる鍾乳洞の位置、耐えられる重さなどの調査を年内に終える考え。その後、何階建てにするかなど、細かい部分を議論する。

 来年1月予定のネットワーク会議で具体的な案を説明し、市民の意見を吸い上げる。市はその後、課長会議や、市の3役と部長級で構成する庁議で検討。年度内に建設基本計画を決める方針だ。