サッカーJ3で8位のFC琉球は2日、沖縄市陸上競技場で10位のJリーグ22歳以下(U22)選抜と対戦する。今回で3度目の対決で過去2戦は1勝1敗。

ボランチとして試合を組み立てるMF田辺圭佑(右)=30日、中城村吉の浦公園ごさまる陸上競技場

 U22選抜が五輪代表候補をそろえた6月の第15節では0-6と惨敗した。後半途中出場した22歳のMF田辺圭佑は「年下の選手にやられて悔しかった」と雪辱に燃える。

 大卒ルーキーながら開幕戦に先発出場し、これまで全29試合中27戦に出場している。チームでも数少ない左利きの田辺には、高いゲームメーク力が求められる。「相手の隙を突く縦パスでチャンスをつくりたい」とボランチとしての役割を自覚。左足から放たれるキラーパスで、リベンジを誓う。

 試合は午後1時開始。