プロバスケットボールTKbjリーグ西地区4位の琉球ゴールデンキングスは1、2日、沖縄市体育館で西地区8位のライジング福岡と2連戦を行う。キングスは30日、宜野湾勤労者体育センターで調整に汗を流した。

福岡戦に向け攻守の連係を確認するキングスの選手=30日、宜野湾勤労者体育センター

 福岡は現在、2勝6敗で地区下位だが、リーグ屈指のガード青木康平、得点力のあるジョシュ・ペッパーズを擁し、油断は禁物だ。伊佐勉ヘッドコーチは「アウトサイドプレーがうまい選手が多い。外からの攻撃を抑えたい」と警戒する。

 見どころは何と言ってもキングス・並里成、岸本隆一と福岡・青木のポイントガード対決。並里は「(青木を)勢いに乗せたらチームも乗る。しっかり止めて、流れをつかみたい」。岸本も「いい感覚が戻りつつある。ホームでは快勝したい」と気合を入れた。

 1日は午後7時から、2日は同2時から試合開始。