君が代のメロディーに、悲哀と怒りを乗せた。〈任命主席の世は/千代に闇夜の思い/一切の田畑を奪い/民がみんな死すまで〉 1950年代半ば、青年会リーダーだった中根章さん(82)が、仲間と口ずさんだ替え歌。宜野湾村(当時)伊佐浜の土地接収を見ていた。