「民意が出たら、この問題は終わると思っていたんですよ」 元名護市議の宮城康博さん(54)=南城市=は、悔恨とともに当時の心境を振り返った。 「民意」とは1997年に示された名護市民投票の結果であり、「この問題」とはいまだ解決をみない普天間飛行場の移設問題のことだ。