【沖縄】新聞を教育に活用する方法を紹介する第8回沖縄県NIE実践フォーラム(主催・沖縄県NIE推進協議会)が1日、沖縄市与儀の県立総合教育センターで開かれた。新聞のコラムを活用した興南中学2年3組の公開授業と授業研究会、公開授業までの実践を体験するワークショップがあった。教師や保護者ら約50人が参加した。

新聞記事を読んで、論点を深め合う生徒たち=1日、沖縄市・県立総合教育センター

 生徒たちは同校国語科教員の前泊優斗さんの指導の下、新聞記事を使って事前にコラムを作成。書き上げたコラムをより分かりやすくするための表現方法などについて、グループで話し合った。

 各グループでは、「この表現は変えた方がいいんじゃないの」「この事例を使った方がもっと一般的に分かりやすい」などと、活発に意見を交わし、より伝わりやすい表現方法はないか議論を深め合った。

 参加した教員らを対象にしたワークショップでは、これまでの授業の一部を体験。新聞記事から見つけ出したテーマを基に、コラムの構成を考えた。公開授業に関わった興南高校教員の石川美穂さんは「具体的な例(エピソード)を用いることで、読み手に映像をイメージさせるような文章を書けるようになる」と狙いを説明した。