サッカーJ3で8位のFC琉球は2日、沖縄市陸上競技場で第30節を10位のJリーグ22歳以下(U22)選抜と戦い、4―2で勝利した。

 琉球は、前半14分に左コーナーキックをFW中山悟志が頭で押し込んで先制すると、38分にも中山がゴールネットを揺らし、前半を折り返した。

 後半、JリーグU22選抜に2点を奪われたが、20分に途中出場のMF藤澤典隆が3点目、30分にもMF青木翔大がPKを決めて突き放し、約2カ月ぶりの勝利を挙げた。

 通算成績は8勝12敗10分けで勝ち点は34。順位は7位に浮上した。次戦は9日、町田市立陸上競技場で3位のFC町田ゼルビアと対戦する。