【堀江剛史通信員】琉球民謡保存会ブラジル支部(山内盛一支部長)の「創立20周年祝典」「第8回民謡の祭典」が9月28日、サンパウロ市の沖縄県人会本部会館であり、約400人が盛大に祝った。ブラジル各地で約30の教室が開かれ、約250人が毎週練習に励んでいる。

式典で挨拶する山内支部長=サンパウロ市内

 式典では、同保存会沖縄本部の久高友吉会長からの「伝統文化は先人から受け継いだだけでなく次世代への“預かり物”。ブラジルで受け継がれているのは、うちなー魂と民謡を愛する情熱のたまもの」とのメッセージも代読された。

 功労者表彰が親川世松、久場良喜、嘉数秀治、崎間達夫、仲村善正(故人)5氏、歴代支部長表彰が安冨祖元、山城正廣、大城文正、座嘉比昇、米須正5氏に、免許状授与式では城間信夫、米須正2氏に師範、上地ハルミ、宜野座クリスチーナ2氏に教師の免状が渡された。

 上地さんは「三線の弦はいつも三本そろって一緒に音を出す。皆と力を合わせ、さらなる若い世代への普及を」と話した。

 その後、民謡の祭典となり、教師と師範による「かぎやで風節」に始まり、民謡、舞踊など17の演目が披露され、全員のカチャーシーで締めくくった。途中、沖縄から駆け付けた演奏者の特別出演もあった。

 来場者の島袋清考さん(78)=沖縄市=は「父は沖縄で、兄はボリビアで民謡教師。子供のころから家で父が三線を弾き歌っていた。民謡を聞くと心が和む」とうれしそうに語った。

 国場藤子さん(77)=2世=も「孫が出演するので楽しみに来た。上達ぶりに感心した」と笑顔をみせた。