【宮古島】フラハラウ オ プアエナ宮古(外間麻子代表)の2年ぶりのフラダンス発表会が9日午後3時から、宮古島市平良のマティダ市民劇場で開かれる。古典フラ「カヒコ」や現代フラ「アウアナ」のほか、沖縄民謡などに合わせた踊りも披露する。生バンドも加わる舞台演出で、メンバーはフラの魅力を広く伝えようと練習に励んでいる。

発表会に向け練習に励むプアエナ宮古のメンバー=宮古島市内

 プアエナ宮古は今年で結成9年目。東京からの演奏者も参加した生演奏に乗せて踊られるアウアナも見どころ。メンバー手作りの衣装にも注目してほしい、という。

 外間代表は「フラは、振り一つ一つにメッセージが込められている。動作で情景を踊っていることもあり、そこにも着目してほしい」と話し、多くの来場を呼び掛けている。

 入場料は一般999円、小学生以下500円。問い合わせはカフェサニーサイド、電話0980(73)3364。