序盤からぶっちぎりで独走した仲間孝大(経営支援センター)は右手を2度突き上げ、ゴールテープを切った。初出場で1時間13分33秒の好タイムで初制覇。2位に5分41秒の大差をつけ、「自分の走りをすれば、スタート直後から独走になるのは予想できた。(初優勝は)うれしいですね」と余裕の笑みを浮かべた。