卓球の女子シングルス決勝はコザ2年の玉城このみが同1年の仲宗根深月との先輩後輩対決をストレートで制し、貫禄の2連覇を達成した。 玉城は、第1セットを11-8で先取すると2セット以降も危なげない試合運び。「いつもと違うサーブを打ったり、攻め過ぎず相手に打たせながら展開を考えた」と、手玉に取った。