最後はセンター近藤愛未が、ダイレクトスパイクをたたきつけた。女子決勝リーグ2勝同士の対決となった最終試合。追い上げる那覇を振り切り、優勝を決めた瞬間、西原の選手たちは歓喜の輪をつくり、うれし泣きした。 9月の春高バレー県予選準決勝で敗れた那覇に雪辱。「絶対勝つと強い気持ちだった」。